メンズパック 顔トラブル

メンズパックと顔トラブル

顔のスキンケアの一つのパックは、シートではがすタイプと美容液で固めてはがすタイプがあります。

手軽がメリットのシートですが、デメリットも多いです。
  • 肌への負担が大きい
  • 皮脂が取り切れない場合がある
  • パック後のケアが面倒

などです。

 

毛穴パックは手軽なのですが、その後のケアをしないと、すぐに同じ状況になってしまいます。
そして繰り返し行うことで、スキンケアとは真逆で肌トラブルを起こしやすいのです。
黒いタイプの毛穴シートの場合、取れる皮脂がスポスポで面白いのですが、その時に色の違うものがあるとき、それは肌に不可欠な角質です。
それを取ってしまうことで、肌あれやニキビの原因になってしまう、だから保湿をしなければならないのです。

 

一方、水溶性のパックを顔に塗り、乾いたらはがすタイプ。
こちらも肌から無理やりはがす形になります。
塗り方が悪いと斑になったりすることもありますし、その後洗顔などをし直すことになります。
昔の女性のパックの主流でしたが、パックをしているときには話すこともできないほどカチカチになります。
こちらも毛穴パック同様に肌への負担は大きいです。
どちらも顔の汚れや皮脂を落とすためのものパックだから、負担も大きいといえるのです。

 

一方、フェイスマスクのパックはおすすめです。
美容成分を染み込ませたマスクを顔に乗せるだけで栄養が顔全体に行き渡ります。
ただし、これは毛穴パックとは全く異質であり、化粧水と乳液を贅沢に浸透させただけと考えください。
日常のスキンケアは全くしないけれど、たまにフェイスマスクだけを使っているという男性も多いようですが、何もしないよりはマシでしょう。